地域の暮らしを守る!

あれは2007年の冬のことです。

 

まだこの仕事を始めて間もないころ、営業の修行で石川県にあるサッシ屋に勤めた経験があります。

 

お客さまである大工さんのところを回っては、サッシを売ってあるく毎日でした。もちろんほぼ門前払い、もしくは無視されるような毎日だったのを覚えています。

 

ある日、ようやくつかんだ大きな仕事のチャンス!しかし予算の都合で、断熱性も何もないようなサッシを新築分譲住宅に納めたことがあります。しかも3棟同時に。

 

このときはただ、売り上げが上がったことがうれしくてなりませんでした。

 

あとで上司にこっぴどく怒られたのは言うまでもありません。そのとき上司が私に言いました。

 

バカヤロウ!!人生かけてローン組んで買った家の窓がそんなんだったら、夏は暑いし冬は寒くてビチャビチャに結露するんだぞ。お前、自分が何をしたのかわかってるのか!?』

 

返す言葉もありませんでした。

 

自分が何をしてしまったのか・・・間違いなくいえることは、住む人の今後に重大な影響を及ぼすようなことをしたということです。

 

自分がしている仕事の責任の重さを、このとき初めて自覚しました。

 

人の人生に影響を与えるほどの仕事をしている。

 

ということは、やり方次第で人の人生にいい影響も与えられるんじゃないか?そう気づくのに時間はかかりませんでした。

 

あれから何年も経ちますが、私は今でもあの時のことを忘れることはありません。 石川県にいくことがあるときは、時々その家の前を通ります。

 

できることならあの時まで時間を巻き戻して、ちゃんとしたものを提案したい・・・。 そんな想いで日々、窓と向き合っています。

 

熱さ、寒さ、雨風、音、ドロボウ・・・

私の仕事は窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守ることです

 

img248

Copyright(c) 有限会社 新田建商 All Rights Reserved.